【お知らせ】メンテナンスのため、2024年6月25日(火) 10:00~14:00(予定)は「ブックマーク機能」と「難読漢字遊戯」がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。

上代は「つつく」か》

[動カ五(四)]
  1. 前からの状態行為などがとぎれたり変わったりしないでそのままつながる。「晴天が—・く」「にらみ合いが—・く」

  1. 同じものが隣り合った状態でずっと連なる。「家並みが—・く」「だらだら坂が—・く」

  1. ある事柄のあとに、間をおかず他の事柄が連なる。物と物とが切れ目なくつながる。「授賞式に—・いて祝賀パーティーを行う」「応接間と勉強部屋とが—・いている」「次ページに—・く」

  1. 同じ物事が次々に起こる。ある事柄が前の事柄のすぐあとに起こる。「不幸が—・く」「地震に—・いて津波が起こる」

  1. 順位が、すぐそのあとである。次ぐ。「宰相に—・く実力者」

  1. 途切れず、あとに従う。「前の人に—・いてお降りください」

  1. 通じる。「ローマへ—・く道」

  1. 持ちこたえる。「学費が—・かない」

[動カ下二]つづける」の文語形。

出典:青空文庫

出典:gooニュース

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。