• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

熨斗目 (のしめ) の純白で光沢のある絹織物。

「―の裏形に、いかなる絵師か筆をうごかせし」〈浮・一代女・四〉