1. ふくれること。また、ふくれたところや、もの。「水―」「火―」

  1. 狂言面の一。ほおが特にふくれていて、一般に醜女を表すのに用いられる。

出典:青空文庫