• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 思慮が深い。心づかいが行き届いている。

    1. 「―・き御心にて、もしかかる事もやと思すなりけり」〈・野分〉

  1. 造詣 (ぞうけい) が深い。

    1. 「言の葉筆づかひなどは、人より殊になまめかしく、―・う見えたり」〈・須磨〉

  1. 深い趣がある。

    1. 「(明石ノ浦ハ)何の―・き隈 (くま) はなけれど」〈・若紫〉