• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

室町中期、京都相国寺鹿苑院 (ろくおんいん) 内の蔭涼軒主の記した公用日記。永享7~文正元年(1435~66)は季瓊真蘂 (きけいしんずい) が、文明16~明応2年(1484~93)は亀泉集証 (きせんしゅうしょう) が筆録した。記述は仏教・政治・文芸などにわたり、史料的価値が高い。