• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

毎年10月に行われる共同募金運動。また、寄付した人に渡される、赤く染めた小さな羽根。昭和22年(1947)にフラナガン神父の勧めで始められた募金運動で、翌年から赤い羽根が街頭募金の寄付済証として配られるようになった。愛の羽根。 秋》

出典:gooニュース