1. 《口輪の意》手綱 (たづな) をつけるため、馬の口にかませる金具。くつばみ。くくみ。「―をとる」

  1. 手綱。

  1. 紋所の名。円形の中に十字を置く。轡の鏡の部分の形をかたどったもの。

  1. 遊女屋。また、遊女屋の亭主。忘八 (ぼうはち) 。

    1. 「女郎は浮気らしく見えて心の賢きが上物、と―の又市が申せし」〈浮・一代男・六〉