• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

岡山県・鳥取県の県境にある山。中国山地の主峰の一。標高1255メートル。津山盆地北部に位置する。山頂からは、北は日本海・大山 (だいせん) 鳥取砂丘、南は瀬戸内海が眺望できる。南東麓にある菩提寺は、比叡 (ひえい) 山に登るまでの4年間法然上人が修行した寺。古来から信仰の対象となっており、山名の由来は伊弉諾尊 (いざなぎのみこと) にちなむといわれる。

[地理/日本地名/中国]カテゴリの言葉