法然の解説 - 小学館 大辞泉

[1133~1212]平安末期の浄土宗の僧。美作 (みまさか) の人。諱 (いみな) は源空。比叡山黒谷天台および諸宗を学び、安元元年(1175)称名念仏に専念する立場を確立し浄土宗を開いた。洛東吉水 (よしみず) に草庵を結んで布教し、信者の増加に伴って迫害され、一時讃岐 (さぬき) に流されたが、後に許されて京に戻り、東山で入寂。勅諡号 (ちょくしごう) は円光大師。著「選択本願念仏集」など。黒谷上人。吉水上人。→御忌 (ぎょき) 2