• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

酔って眠っている間に見る夢。また比喩的に、満足して安閑としている状態。

「吾々は世の―に覚醒を与えんが為に」〈木下尚江火の柱