• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

コイ科の淡水魚。フナ琉金 (りゅうきん) との雑種が野生化したものという。全長約15センチ。体はフナ形で尾びれが長い。宮城県の魚取沼 (ゆとりぬま) のものは天然記念物。フナの突然変異種ともされる。