三重県北東部、桑名郡の地名。木曽川長良川揖斐 (いび) 川とに挟まれたデルタにあり、かつて七つの輪中 (わじゅう) に分かれ、七島 (ななしま) とよばれた。昭和34年(1959)の伊勢湾台風後、一つの輪中となる。

出典:青空文庫