• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Kosterlitz-Thouless transition》二次元と見なせる系で、ある特別な条件において生じる相転移。低温相における量子渦の状態を記述するとき、自発的対称性の破れを伴わない相転移が存在することが理論的に示された。1971年に旧ソ連のV=ベレジンスキーが発表。1973年にも米国のD=サウレス、M=コステリッツが独立に同理論を提唱。のちにトポロジカル相転移とよばれ、ヘリウム4の超流動において、実験的にその存在が確かめられた。コステリッツサウレス転移。ベレジンスキーコステリッツサウレス転移。BKT転移。