部首
(おおがい)
画数
12(部首内画数:3)
種別
常用漢字
漢検の級
2級
音読み
[外]シュ
訓読み
[外]もちいるもとめるすべからく…べししばら

意味

①まつ。待ちうける。 ②もちいる。もとめる。「須要」「必須」 ③すべからく…べし。しなければならない。 ④しばらく。少しの間。「須臾(シュユ)・(スユ)」 ⑤ひげ。あごひげ。「須眉(シュビ)」 [類]鬚(シュ) ⑥梵語(ボンゴ)の音訳に用いる。「須弥(シュミ)・(スミ)」

[参考]「須」の草書体の旁(つくり)が片仮名の「ス」になった。

須の解説 - 小学館 大辞泉

常用漢字] [音](呉) シュ(漢) [訓]すべからく

〈シュ〉
  1. 必要とする。「須要

  1. わずかの間。しばらく。「須臾 (しゅゆ) 

  1. 梵語の音訳字。「須弥山 (しゅみせん) 

〈ス〉必要とする。「必須

[名のり]まつ・もち・もとむ