• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

アブドアッラフマーンの解説 - 小学館 大辞泉

(1世)[731~788]後ウマイヤ朝の始祖。在位756~788。スペインのコルドバを中心にウマイヤ朝を再建、フランク王国カール大帝の遠征軍を破って王国の基礎を固めた。
(3世)[889~961]後ウマイヤ朝第8代の君主。在位912~961。国内の諸勢力を制圧し、929年、カリフを称した。産業を振興し、学芸を奨励、王朝の最盛期を現出し、コルドバは西欧随一の都となって繁栄。