• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

アルタンハンの解説 - 小学館 大辞泉

[1507~1582]内モンゴル族トウメト部の長。ダヤン=ハンの孫。1570年、明 (みん) と和睦して、順義王の号を受けた。また、チベットに遠征し、ダライ=ラマを招いてモンゴルにラマ教を移入した。

[補説]「俺答汗」とも書く。

[世界史/世界史の人物]カテゴリの言葉