• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ダライラマの解説 - 小学館 大辞泉

チベット仏教ゲルク派(黄帽派)の教主の尊称。この称号は歴代教主の法名がギャムツォ(大海の意。モンゴル語でダライ)で終わることに基づく。「ラマ」はチベット語で師の意。転生者が代々その地位を相続し、観音菩薩の化身とされて絶対的信仰を集め、1642年、ダライ=ラマ政権樹立後は、チベットの聖・俗両権を掌握。

[補説]「達頼喇嘛」とも書く。

ダライラマの解説 - SOCKETS人物データベース

政治家
出生地
チベット
生年月日
1935年7月6日(86歳) かに座
別表記
ダライ・ラマ法王十四世 His Holiness the XIVth Dalai Lama Jetsun Jamphel Ngawang Lobsang Yeshe Tenzin Gyatso

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉