• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ウルバヌスの解説 - 小学館 大辞泉

ローマ教皇の名。

(2世)[1042ころ~1099]在位1088~1099。神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世やフランス王フィリップ1世と争い、教皇権伸長に努めた。クレルモン公会議で、第1回十字軍を提唱。
(6世)[1318~1389]在位1378~1389。高位聖職者たちの改革を行ったため、反対者が新教皇クレメンス7世を立て、教会大分立が始まった。
(8世)[1568~1644]在位1623~1644。ジャンセニスムを禁止。ガリレオを宗教裁判にかけた。バロック時代ローマの最も輝かしい教皇とされる。