クロムウェルの解説 - 小学館 大辞泉

(Oliver~)[1599~1658]英国の軍人・政治家。ピューリタン革命の指導者として、議会軍を率いて王軍を破り、1649年チャールズ1世を処刑。1653年、護国卿となって軍事的独裁政治を行った。また、アイルランド・スコットランドを制圧したほか、航海法を発布、オランダ海軍に勝ち、英国の海上制覇の基礎を固めた。
(Richard~)[1626~1712]英国の政治家。の子。共和国時代、父の後を継いで第2代護国卿となったが、軍隊と議会との対立の中で辞任。王政復古とともにパリに亡命。

出典:青空文庫