• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

マルクスアウレリウスアントニヌスの解説 - 小学館 大辞泉

[121~180]古代ローマの皇帝。在位161~180。五賢帝の最後の皇帝。辺境諸種族との戦いに奔走する一方、ストア学派の哲学者としても知られ、哲人皇帝と称された。著「自省録」。

[世界史/世界史の人物]カテゴリの言葉