リービッヒの解説 - 小学館 大辞泉

[1803~1873]ドイツの化学者。有機化合物定量分析法を考案し、基 (き) の理論の発展に寄与。生化学では動植物の栄養を研究し、人工肥料を作った。また、学生実験室を創設して、近代的化学教育に貢献。著「化学通信」など。リービヒ。