• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

並木正三の解説 - 小学館 大辞泉

[1730~1773]江戸中期の歌舞伎狂言作者。初世。大坂の人。並木宗輔の弟子。浄瑠璃の手法を応用した脚色と、奇抜な舞台装置で新生面を開いた。代表作「三十石艠始 (さんじっこくよぶねのはじまり) 」「宿無団七時雨傘 (やどなしだんしちしぐれのからかさ) 」など。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の演者・作家]カテゴリの言葉