• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

並河靖之の解説 - 小学館 大辞泉

[1845~1927]七宝作家。京都の人。帝室技芸員。伝統的有線七宝の作家として無線七宝濤川惣助と並び称された。また、黒色透明釉を開発したことでも知られる。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉