• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

伊奈忠次の解説 - 小学館 大辞泉

[1550~1610]江戸初期の幕臣。通称、熊蔵。徳川家康の近習として、検地・治水・新田開発などに敏腕を振るう。初代関東郡代。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉