• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

兼定の解説 - 小学館 大辞泉

室町後期の美濃の刀工。和泉守。「定」のウ冠の下を「之」と銘したので之定 (のさだ) とよばれた。生没年未詳。