• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

卞和の解説 - 小学館 大辞泉

中国、春秋時代楚 (そ) の人。山中で得た宝玉の原石を楚の厲王 (れいおう) に献じたが信じてもらえず左足を切られ、次の武王のときにも献じたが、ただの石だとして右足を切られた。文王が位につき、これを磨かせると、はたして玉であったので、この玉を「和氏 (かし) の璧 (たま) 」と称した。のち、趙 (ちょう) の恵文王がこの玉を得たが、の昭王が15の城と交換したいと言ったので、「連城の璧」とも称された。