• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

康尚の解説 - 小学館 大辞泉

平安中期の仏師。定朝 (じょうちょう) の父。子の定朝をはじめとする多くの弟子を抱えて仏所を形成、摂関家の造寺発願に際して造仏に従事し、仏師職の祖といわれる。今日、確証ある遺作は伝存しないが、東福寺同聚院の不動明王坐像はその作に擬せられる。生没年未詳。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉