• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

定朝の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1057]平安中期の仏師。康尚の子。法成寺の造仏の功により、仏師として初めて法橋 (ほっきょう) に叙せられ、のち法眼 (ほうげん) にまで進んだ。その優美な様式は定朝様または和様とよばれ、長く日本の仏像彫刻の規範とされた。寄木 (よせぎ) 造りの技法を大成。天喜元年(1053)作の平等院鳳凰堂阿弥陀如来像が残る。