• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

定慶の解説 - 小学館 大辞泉

鎌倉時代の慶派の仏師。

大仏師法師定慶。鎌倉前期に活躍。作、興福寺東金堂の維摩居士 (ゆいまこじ) 像、同寺の梵天・帝釈天像など。生没年未詳。
肥後法眼定慶。鎌倉前期から中期に活躍。作、大報恩寺の准胝 (じゅんでい) 観音像、鞍馬寺の聖観音像など。生没年未詳。
越前法橋 (ほっきょう) 定慶。鎌倉後期に活躍。伝存作品はないが、法隆寺新堂の日光・月光菩薩像などの修理に従事したことが知られる。生没年未詳。