• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宝井其角の解説 - 小学館 大辞泉

[1661~1707]江戸前期の俳人。蕉門十哲の一人。江戸の人。初め、母方の姓榎本を名のった。別号、宝晋斎・晋子など。「虚栗 (みなしぐり) 」「枯尾華」を編集し、蕉風の発展に尽力。芭蕉没後は洒落ふうに傾き、江戸座を興した。句集「五元集」、句文集「類柑子」など。

宝井其角の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
武蔵国江戸堀江町(現・東京都江戸川区堀江町)
生年月日
1661年8月11日 しし座
没年月日
1707年4月2日(享年45歳)

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉