• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

後藤艮山の解説 - 小学館 大辞泉

[1659~1733]江戸中期の医師。江戸の人。名は達。別号は養庵。父の郷里の京都に帰って開業。多くの門人を育て、古医方の祖とされる。当時の医師の常識を破り、僧形をせずに平服をつけた。