• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

後藤祐乗の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

[1440〜1512]室町後期の装剣金工家。美濃の人。名は正奥。通称、四郎兵衛。足利義政に仕え、入道して祐乗と号した。目貫 (めぬき) 小柄 (こづか) 笄 (こうがい) 三所物 (みところもの) 意匠技法に新機軸を打ち出し、後藤家彫(家彫)を創始精巧で格調高い作風により、子孫代々将軍家の御用を勤めた。

[美術・音楽]の言葉

[日本・東洋の美術作家]の言葉

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。