後藤新平の解説 - 小学館 大辞泉

[1857~1929]政治家。岩手の生まれ。満鉄初代総裁となり、植民地経営に活躍。逓信・内務・外務各大臣、東京市長などを歴任。また、関東大震災直後の東京の復興と、日ソ国交回復に尽力した。

後藤新平の解説 - SOCKETS人物データベース

治・大正・昭和初期の医師・官僚・政治家。
出生地
陸奥国胆沢郡塩釜村(現・岩手県奥州市水沢区)
生年月日
1857年7月24日 しし座
没年月日
1929年4月13日(享年71歳)

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉