大正12年(1923)9月1日午前11時58分に、相模 (さがみ) 湾を震源として発生した大地震により、関東一円に被害を及ぼした災害。マグニチュード7.9、最大震度6。家屋倒壊に火災を伴い、全壊約13万戸、全焼約45万余戸、死者・行方不明者約14万名。震災直後の混乱の中で、亀戸事件甘粕事件が起き、また、多数の朝鮮人が官憲・自警団によって虐殺された。
吉村昭による記録文学作品。の被害の全容を描く。昭和48年(1973)刊行。著者は「戦艦武蔵」から本作に至る記録文学の功績により、第21回菊池寛賞を受賞。

出典:gooニュース

出典:青空文庫