• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

刀剣の付属品である目貫 (めぬき) 笄 (こうがい) 小柄 (こづか) の称。江戸時代、同じ意匠の揃 (そろ) いが尊重され、後藤家彫は有名。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉