《ギリシャ語で、糸と粒の意の合成語》すべての真核生物の細胞質中に存在する、糸状または顆粒 (かりゅう) 状の細胞小器官。内外二重の膜に包まれ、内部にクリスタとよばれるひだ状突起がある。呼吸およびエネルギー生成の場で、電子伝達系トリカルボン酸回路などに関与する酵素群をもち、一連の反応によりATP(アデノシン三燐酸 (りんさん) )の合成を行う。細胞の核とは別にDNA(デオキシリボ核酸)をもち、独自に分裂によって増殖する。糸粒体。糸状体。コンドリオソーム。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉