• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

戸次庄左衛門の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1652]江戸初期の軍学者。姓は別木とも書く。浪人仲間とともに、増上寺での徳川秀忠夫人の法要を機会に挙兵をはかったが、事前に発覚。浅草で磔 (はりつけ) に処された。