• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

戸板康二の解説 - 小学館 大辞泉

[1915~1993]演劇評論家・小説家。東京の生まれ。歌舞伎評論の第一人者として活躍した後、江戸川乱歩の勧めにより推理小説家となる。「団十郎切腹事件」で直木賞受賞。他に「グリーン車の子供」「車引殺人事件」、エッセー集「ちょっといい話」など。

戸板康二の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト 評論家
出生地
東京都
生年月日
1915年12月14日 いて座
没年月日
1993年1月23日(享年77歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉