• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

林鵝峰の解説 - 小学館 大辞泉

[1618~1680]江戸前期の儒学者。京都の人。羅山の三男。名は、春勝・恕 (しのぶ) 。別号、春斎。将軍徳川家光に仕えて経書を講じ、「本朝通鑑」などを編纂。幕府外交の機密にも参与した。著「鵝峰文集」など。