• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

歌川国貞の解説 - 小学館 大辞泉

[1786~1865]江戸後期の浮世絵師。本名、角田庄蔵。号、一雄斎・五渡亭など。初世歌川豊国に学ぶ。初め草双紙の挿絵を描き、のち役者似顔絵や美人画に転じ、最高の人気絵師となった。正式には3世豊国とされるが、みずからは2世を称した。

歌川国貞の解説 - SOCKETS人物データベース

芸術家
生年月日
1786年6月15日 ふたご座
没年月日
1865年1月12日(享年78歳)
別表記
三代目歌川豊国

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉