• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

歌川広重の解説 - 小学館 大辞泉

[1797~1858]江戸後期の浮世絵師。江戸の人。本姓、安藤。歌川豊広に師事。広重の名を与えられ、一遊斎・一幽斎などと号した。叙情性と親しみやすさに富んだ風景画にすぐれ、代表作の「東海道五十三次」をはじめ、諸国風景や江戸名所を多数描いた。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉

出典:gooニュース