• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

清水六兵衛の解説 - 小学館 大辞泉

[1738~1799]江戸中期の陶工。摂津の人。号、愚斎。京都五条坂の窯元 (かまもと) 海老屋 (えびや) 清兵衛に学び、独立して同地に窯を開いた。野趣に富む六兵衛風として独自の京焼を生んだ。以来現在まで8代を数える。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉