片山哲の解説 - 小学館 大辞泉

[1887~1978]政治家。和歌山の生まれ。大正期からキリスト教的社会主義運動に力を入れ、第二次大戦後は日本社会党の書記長・委員長を歴任。昭和22年(1947)に連立内閣の首相となった。→芦田均

片山哲の解説 - SOCKETS人物データベース

1947年に内閣総理大臣となった日本の弁護士、政治家。
出生地
和歌山県田辺市
生年月日
1887年7月28日 しし座
没年月日
1978年5月30日(享年90歳)

[社会/政治・経済の人物]カテゴリの言葉