• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

白柳秀湖の解説 - 小学館 大辞泉

[1884~1950]評論家・小説家。静岡の生まれ。本名、武司。堺利彦・幸徳秋水らの影響を受けて平民社に参加したが、のち転向。小説「駅夫日記」、評論「鉄火石火」「財界太平記」など。

白柳秀湖の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト 評論家
出生地
静岡県
生年月日
1884年1月7日 やぎ座
没年月日
1950年11月9日(享年66歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉