• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

神山征二郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1941~ ]映画監督。岐阜の生まれ。新藤兼人 (かねと) の「近代映画協会」に参加、「鯉のいる村」で監督デビュー。代表作は「看護婦のオヤジがんばる」「ふるさと」のほか、五木寛之のエッセーをもとにした「大河の一滴」など。

神山征二郎の解説 - SOCKETS人物データベース

新藤兼人監督に師事し、1965年から近代映画協会で助監督を務め、71年に『鯉のいる村』で監督デビュー。代表作に『ハチ公物語』(87年)、『遠き落日』(92年)などがある。人間ドラマ描写に定評がある。
出生地
岐阜県岐阜市
生年月日
1941年7月16日(80歳) かに座

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉