• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

蘭渓道隆の解説 - 小学館 大辞泉

[1213~1278]鎌倉中期の臨済宗の渡来僧。の涪江(四川省)の人。寛元4年(1246)来日、北条時頼の帰依を受けて鎌倉に建長寺を開山。日本最初の禅師号大覚禅師を勅諡 (ちょくし) され、その門派を大覚派という。