重野安繹の解説 - 小学館 大辞泉

[1827~1910]幕末・明治期の歴史学者。薩摩 (さつま) の人。号、成斎。藩校造士館、江戸昌平黌 (しょうへいこう) に学んだ。文部省修史局員・東大教授・元老院議官貴族院議員などを歴任。東大に国史科を設置、実証主義に基づく史学の基礎を築いた。著「稿本国史眼」「国史綜覧藁」など。

[社会/社会関係の人物]カテゴリの言葉