• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

野上弥生子の解説 - 小学館 大辞泉

[1885~1985]小説家。大分の生まれ。本名、ヤエ。豊一郎の妻。夏目漱石の門下。「海神丸」で文壇的地位を確立、広い社会的視野と文化的教養主義を統一した作風を築いた。文化勲章受章。作「真知子」「迷路」「秀吉と利休」など。

野上弥生子の解説 - SOCKETS人物データベース

作詞家 作家・脚本・エッセイスト
出生地
大分県臼杵市
生年月日
1885年5月6日 おうし座
没年月日
1985年3月30日(享年99歳)
別表記
野上彌生子

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉