• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

野々村仁清の解説 - 小学館 大辞泉

江戸初期の陶工。丹波の人。通称、清右衛門。京都御室 (おむろ) の仁和寺 (にんなじ) 門前に窯を築いた。優雅な作風で、蒔絵 (まきえ) の趣を応用した色絵陶器を得意とした。京焼の大成者ともされる。生没年未詳。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉