• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

野呂元丈の解説 - 小学館 大辞泉

[1694~1761]江戸中期の本草学者。伊勢の人。本姓は高橋、名は実夫。儒学・医学・本草学を学び、幕府採薬御用で各地を旅行。参府のオランダ人に質問し、「阿蘭陀本草和解」を著した。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉